ニューヨーク発のサラダ「メインソンジャー・サラダ」とは?

「メインソンジャー・サラダ」とは?

「メインソンジャー」という保存用の瓶に、野菜を入れた作り置きのサラダです。
ニューヨークで流行し、「サラダの作り置きができる」「瓶に入ったサラダの見た目が綺麗」「手軽にできる」と、日本でもじわじわと人気になりはじめています。

 

「メインソンジャー」ってどんな保存瓶?

ねじフタがあり、二重構造になっています。
二重構造であることで気密を高め、長期保存が可能に。
また、ガラス製の容器のデザインもオシャレで、持ち運びにも便利です。

 

「メインソンジャー」の製造元はアメリカのメーカー。
ですが、今は日本のカフェ、雑貨店でも購入が可能です。

 

「メインソンジャー・サラダ」は長持ち!

サラダを約5日間、冷蔵庫で保存がきます。
新鮮さを保ち、シャキシャキした食感も失いません。

 

作り方は簡単!容器に野菜を入れていくだけ!

簡単な手順で作ることができます。
作り方をご紹介します。

 

1:まず、容器の底にドレッシングを入れます。
2:最初に、ドレッシングを吸収しないような硬めの野菜を入れます。
 (きゅうり、にんじん等)
3:次に、柔らかい野菜を入れます。
 (トマト、タアネギ等)
4:最後に、葉物野菜を入れて、フタをします。
5:食べる際は、ドレッシングがなじむように、容器を逆さにします。
  お皿にあけても、容器を混ぜてそのまま食べることもできます。

 

持ち運びができるので、オフィスでの昼食にぴったりです。